前へ
次へ

不動産の売買における税金に対する考え方

不動産売買においては、売った際に入ったお金に対して、所得としての税金が発生します。
一般的な給料などにも、所得税が発生しますが、その所得とは少し形が違います。
不動産を売買によって手に入れた際、その費用と、手に入れたお金を相殺して、余った利益に対して所得税が発生するのです。
そのため、高く購入したものを、安く売った場合は、税金がかからない場合もあります。
売るための売買には、そのための費用が発生する場合もあるでしょう。
この費用は、譲渡費用として認められていまして、利益から差し引くことができます。
これらの内容は、あくまでも、売った際の所得税です。
住民税の対象ともなり、不動産を所有していた期間によって、長期と短期に分けられ、税率に違いがあります。
不動産の売買は、様々な取引があるでしょう。
例えば、住宅もあれば、土地区画整理事業などで土地を手放す場合もあるはずです。
取引の目的の違いによって、住民税が決められた金額において控除されます。

Page Top